毒、ノート

毒だらけのジョーク集(オリジナル)、耐性のない人は閲覧禁止。

毒川柳 ー そ

孫悟空 天竺出張 日帰りで〈解説〉サンゾー「お前の特技はなんじゃ?」ゴクウ「俺の特技は、筋斗雲に乗れば一飛びで三千里先まで行くことができます。」サンゾー「え?じゃあ、私を一飛び天竺まで乗せてくれないか?」ゴクウ「あー、そうしたいのはやまやま…

毒川柳 ー せ

専任の よく聞きゃスタッフ ただ一人〈解説〉男性「いやあ、わし、テニスなんか初めてで、大丈夫かな。」スタッフ「大丈夫です。このテニス倶楽部では、専任のスタッフがつきますから。」男性「どう言うことかね?」スタッフ「いつも、同じ人間がお教えしま…

毒川柳 ー す

すいません 喫煙禁煙 判じかね〈解説〉応接にて。後輩女子「あの、おタバコは?」訪問客「あ、すいません。」後輩女子「(小声で)先輩、先ぱあい・・・。」先輩女子「何よ?」後輩女子「あの、『すいません』は吸うのか、吸わないのか、どっちなんですか?…

毒川柳 ー し

順調と 言われ信じる フリをする〈解説〉課長「どう?順調に進んでるかな?」部下「え?あ、ああ、大丈夫です。順調ですよ。そう、順調。」課長「あ・・・そう?なら大丈夫だね。良かった、良かった。」・・・「あの二人、またやってるよ。」「正直に現実が…

毒川柳 ー さ

幸薄い? 誰と比べて ふしあわせ?〈解説〉「全く頭来ちゃう。A子ったら、『私は幸が薄い』だって。なんで?って聞いたら仕事が忙しすぎて彼と2週間も会えてないとか、こんなに頑張っているのに、会社の業績が悪いから賞与が減らされたとか。 ・・・私は、…

毒川柳 ー こ

子供とは 非力なだけの ならずもの〈解説〉◯子「お前なんか、死んじゃえー!」 □男「お前こそ、車に轢かれて死んじゃえー!」◯子「お前こそ、ミサイルに当たって死んじゃえー!」・・・ツマ「ほんまに、子供の喧嘩は可愛らしいなあ。」オレ「いや、声が可愛…

毒川柳 ー け

結論は 出さずにおこう 任期中〈解説〉側近「ソーリ、国民が怒っています。◯◯問題の解決をいつまで先延ばしにするつもりだ、と。」ソーリ「だけど、もう次も決まっているし、任期もあと少しだし、あとに任そうと思うんだけど、ダメ?」側近「ソーリ!」かく…

毒川柳 ー く

クモの糸 クモを助ける 子ども増え〈解説〉母親「ギヤーッ!クモや!」こども「お母ちゃん、あかん。潰さんといて!」母親「なら、はよ、あっちやりいな。」こども「あんた、良かったなあ。でもな、この恩を忘れたらあかんで。今日、学校で聞いた『クモの糸…

毒川柳 ー き

既婚者が いつの間にやら 希少価値〈解説〉久しぶりの地元での同窓会。「え、マサオ、お前まだ独身なの?」「え?お前、結婚してんのか?すげえ!」「すげえって、大袈裟だよ。」「だって、タケシもケンゾーも、みんな独身だぜ。」「そうなの?」「おーい、…

毒川柳 ー か

カルピスと 牛乳混ぜて ヨーグルト〈解説〉子ども「ヨーグルトあらへんの?」つま「あ、買い忘れとるわ。牛乳でも飲んどき。」子ども「もう!いつも忘れないでって言うてるのに!」おれ「しゃあないなあ、待っとき。ほら、ヨーグルトやで。」子ども「うわあ…

毒川柳 ー お

お前とか 貴様を字で書きゃ 尊敬語〈解説〉外国人ウェイター「いらっしゃいませ。オマエ、何にしますか?」 「キサマ、パンとご飯、どっちがいいですか?」店員A「何だい、あれ?『オマエ』とか『キサマ』とか言わせといていいの?」店員B「だけど漢字で書…

毒川柳 ー え

絵に描いた モチもパワポで 見栄えする〈解説〉部長「いやあ、さすが有名企業だけあって結構な値段ですな。」社長「全く。だが、これだけ立派な資料を作られるとついつい納得してしまうな。」部長「やはり、パワーポイントは凄いですね。」社長「だけど、君…

毒川柳 ー う

ウンチクも スマホに負けて 秋の暮れ〈解説〉「あのさ、この時期にビールに合う食べものと言えば・・・。」「ちょっと待って・・・、あ、やっぱり、さんまにスダチだよ。」「じゃあさ、スダチの名前の由来は・・・。」「ちょっと待って・・・、あ、『酢の橘…

毒川柳 ー い

いい女 ハナは遠くで 見てるうち〈解説〉「うわー、きょうこちゃん可愛い〜。ゆかりちゃんも、今日は一段と美人。たかこちゃんも、素敵だなあ。」「そんなに好きだったら、交際を申し込んだら?」「え?無理無理、付き合ったらお金も気も使うし、僕の時間が…

毒川柳 ー あ

当たったら? 買わぬ人まで 盛り上がる〈解説〉「ねえ、今度の宝くじ、最高賞金7億だって!」「えー!すごい!7億当たったらどうしよう!」「私はね、あんな主人と別れて自立するわ。」「私なら、空気のいいところに引っ越して、のんびり農業でもするかな…

置き土産

かのじょ「あれ、もう帰って来た。コンビニ早かったねえ。」かれし「まあ、トイレ借りただけだし。」かのじょ「でも、借りたんだからお礼になんか買ってあげないと悪いんじゃない?」かれし「別にいいだろ?トイレに置いて来たんだし、お金まで置いて来なく…

欠点

はは「ねえ、お前、そろそろ身を固めたらどうなんだい。」息子「そのうちね。」はは「そのうち、そのうちって、誰か気になる娘はいないのかい?」息子「いるには、いるけど。」はは「どんな娘だい?」息子「いつも仲がいいし、向こうも俺のこと気にかけてく…

東京モノレール

ぼくも、ノレ〜る わたしも、ノレ〜る東京モノレールさいたま県人も、ノレ〜る ちば県人も、ノレ〜る かながわ県人も、ノレ〜る東京モノレール・・・なんか腹立つコピーだなあ。(他県人)

脱・労働時間規制

労働者代表「ホワイトカラー・エグゼプションは、ブラック企業推進法案だ。断固阻止すべし!」労働者たち「そうだ、そうだ!」政府「ですが、対象は限られてますんで。」労働者代表「なんだ、それは?」政府「年収一千万円以上の人だけです。」労働者たち「…

充分

おっと「俺は、口下手だし、手先も不器用で、何の甲斐性もあらへん、気も利かへんダメなやつなんや。」つま「しゃあないなあ。また、外でなんか言われたんかいな?」おっと「旦那がこんなつまらん男で、堪忍やで。」つま「何言うてんの。うちには充分な男や…

野菜不足

かれし「おれ、牛丼。ネギ抜きで。」かのじょ「ねえ、あんた、前もネギ抜き牛丼だったよね。」かれし「うん、週のうち、半分以上食べるかな。」かのじょ「少しは野菜も食べないと病気になるよ。」かれし「ちゃんと野菜も食べてるよ。」かのじょ「どこが?」…

願い

街頭インタビュー。インタビュアー「あの、今本当にドラえもんがいたら、出して貰いたいものは何ですか?」男子「どこでもドアやね。ただで、旅行し放題じゃん。」女子「スモールライトかな。小さくなれば、生活費かからないし。」オレ「文章を直す時、好き…

ぼうきゃく

ツマ「じゃあ、あとは◯◯駅までたのむわ。」タクシードライバー「最初、一緒に乗ってた人、旦那さんですか?」ツマ「あ、そうや!うちの忘れて来た!」タクシードライバー「奥さん、どうします?戻りますか?」ツマ「だいぶ来てもうたから、まあ、ええわ。こ…

男の未来

妻「はあ、母子家庭の80パーセントが生活に苦労してるのか。保育所の児童待機率も解消せんし、女の未来はいつまでたっても明るくならないわね。 ・・・ それに比べて男の未来は明るいわね。」旦那「こらっ!人の頭を見て言うな!」

科学特捜隊

官僚「来年から、科学特捜隊の予算減らすから。」隊長「え!ま、待ってください。怪獣と戦うのに、今でも装備が足りないのに、これ以上減らされたらますます勝てなくなります。」官僚「だって、最後いつも怪獣を倒すのはウルトラマンだろ?君ら、要らないと…

昔、黒革、今

OL1「うわっ、このパソコン見て!これって裏金の帳簿だよ。」OL2「だ、ダウンロードよ。」OL1「だ、ダメッ!履歴が残る。そ、そう、スマホで撮影して。」・・・後日。OL1「いよいよ、計画を実行に移す時か来たわ。例の写真、ちゃんとスマホにと…

長持ち

息子「ねえ、母さん、お金頂戴。」母親「何に使うの?」息子「服買うんだよ。」母親「この間も買ったでしょ。」息子「ネットゲームで、キャラに服着せるんだよ。」母親「まあ、着られもしない服にお金を使ってどうするの。」息子「分かってないなあ。ネット…

名は体をあらわす

教師「くすりは、正しく用いれば私たちの命を救うものですが、間違って使えばたいへん危険なものになります。」生徒「怖いんですね。」教師「くすりと言う名前でもわかるでしょ。上から読んだら?」生徒「くすりです。」教師「反対から読んだら?」生徒「あ…

女王の条件

王子「あの花嫁候補は嫌だ。他の娘にしてくれ。」側近「王子、我儘を言ってはなりません。王様もお妃様も、たいへん気に入られている方なのですから。」王子「だって、彼女、出っ歯じゃないか。」側近「それこそが大切なのです。なぜなら、いずれ女王となら…

ピカソ

民衆はどう言うわけか、説明のつかないものを進んで好む。だから、宗教の本質は、『奇跡』である。だから、たまには奇跡を見せないと納得しない。だから、説明できない私の絵もよく売れる。・・・と、ピカソが言ったとか、言わなかったとか。

スマホ未満、キミ以上

「バッカじゃないの?すぐスマホに聞いて、何にも頭に入ってないんじゃないの?」「バカ?そうかも、スマホよりバカかも。」「ほら見ろ。」「でも、キミよりは賢いよ。・・・スマホを使える分だけね。」

アイス & ホット

夏。「僕、アイスお願いします。」 「わたし、ホット。」ホットはしばらく時間がかかります。「え?なんで?」冬。「僕、ホットお願いします。」 「わたし、アイス。」アイスはしばらく時間がかかります。「え?なんで?」・・・「あ、外にコーヒーが並べて…

ヤキ

祖父「ちっ、俺もずいぶんとヤキが回ったもんだぜ。」孫「おじいちゃん、わたしもヤキが回ったよ。」祖父「何いってんでえ。おめえはまだ小学生だろう。」孫「ううん、ほら、ちゃんと卵ヤキがフライパンで回ったんだから。」

玉のキズ

合コンにて。「◯本◯子さんを紹介します。」おー!!「◯本さんは、美人で。」おー!!「スタイルも、抜群です。」おー!!「そして・・・、ぼ、僕の上司です。」あーー。(なんでやねん!)・・・完璧すぎるのも、玉のキズ。

はばちょ

「わしはのう、昔からすぐに仲間はずれにされてのう。学校でも友達はできんかったし、グループをつくるとわし一人余ったもんじゃ。 集まりがあっても、だあれも話し相手がおらん。思えばつまらん人生じゃった。」「大丈夫。これからの人生、もうそんな思いは…

イルカショー

館長「何い!イルカショーのイルカが全部海に逃げたあ?これからイルカショーはどうするんだ?」トレーナー「仕方がないので、僕らが着ぐるみを着てやります。」館長「バカ、人間がやって客が喜ぶか!」トレーナー「大丈夫です。イルカでは絶対できないこと…

債務大国

公共施設にて。「日本の借金が膨らんで、破綻したらどうなるんやろ?」「暗い話してたらトイレ行きとうなったわ。」「あ、早いなあ。もう済ませてきたんかいな?」「あかん、あかん。トイレに貼り紙しとんのや。」・・・『自分の出したものは、自分で持ち帰…

オジサン軍団

子供に聞く。「なあ、ジャ◯ーズとか、アイドルに興味ないんか?」「ええ!やだ!だって、おじさんばっかりだもん。」・・・そう言えば。

「いやあ、今の洪水は凄かっただ。」「おらも流されそうになっただよ。」「お!こんなでっけえヤツ見たことねえだ。きっとさっきの洪水で隠れてたのが出てきただ。」「んだ、ここの主にちげえねえだ。」・・・「とおちゃん、鼻かんだら、ものすごく長い鼻毛…

13日の金曜日

子供の頃、みんな13日の金曜日になると、朝から夜までみんな悪いことが起きないように滅茶苦茶ビビッていた。だけど、よく考えたら、本場とは、時差があるんだけど。

暗い青春

アニメ『一休さん』が子供の頃修業していたのが、 『安国寺』。 しかし、アニメでは和尚さんから怒られてばかりいたから、自分は 『暗黒寺』 だと思っていた。

支持率

参謀「総理、このたび内閣の支持率を絶対下げない方法を開発しました。」総理「それは本当か?すごい発明だ!」参謀「これをご覧ください。支持率メーターです。このメーターが30パーセントを切ると閣僚の頭に埋め込んだ小型爆弾が爆発します。」総理「え…

セーラー服と缶ジュース

薬師丸◯ろ子のあの映画が流行っていた頃、女子高生のあいだでは、こんな遊びが流行していた。「ねえ、みんな、ジュースを持って。一緒にやるよ。せーの。」プシュ。「カ・イ・カ・ン♡」・・・それは、開缶。

8つの質問

政治家「その件については、今から8点に絞ってお聞き願えますか?」記者A「その不適切な関係はいつから続いていたのですか?」政治家「不適切とは認識しておりません。」記者B「しかし、不透明なお金の流れがあったでしょ?」政治家「私は把握しておりま…

期限付きの幸せ

母親「最初のうちは良かったのにね、今はこんなになっちまって・・・。」息子「母ちゃん、古くなったら買い換えたらいいだろ?」母親「私だってそうしたいよ。」息子「じゃあ、そうしなよ。」母親「バカ、取り替えたいのは、お前のことだよ。」

シャワー

監督「はい、シャワーシーン入ります。」女優「はあい。」監督「もっと、頭から水をかぶって。顔に水を当てて。」女優「で、でも。」監督「いいから、やって。」女優「は、はい。」監督「はい、オッケー、お疲れ様。 ・・・て、ゆうか、あんた誰?」女優「だ…

彼女が別れたいと言い出したので、とりあえず、自宅で話し合うことにした。彼女「あのさ。」彼氏「まあ、そう慌てないで。お茶入れてくるからゆっくりしてて。」彼女「ちょっと。 ・・・あれ、なんだろ?壁に漫画が貼ってある。 ・・・ふむ、ふむ、面白いわ…

かお

プロポーズ。男性「人間、顔じゃありません!中身を見てください!」女性「わかりましたわ。よろしくお願いします。」男性「あ、有難うございます!」女性「ところで、私のどこがそんなに良かったんですか?」男性「顔です。」・・・「顔じゃない」 使ってい…

結婚式場危機一髪

担当「式ですが、神前、仏前、人前とございます。」新郎「え、うちの宗旨なんだっけ?」新婦「え、クリスマスもするし、除夜の鐘もつくし、初詣もするよ。」新郎「じゃ、そこんとこ、ミックスで。」担当「そ、相談して参ります。」

昭和ロマン

かのじょ「ああ、明治ロマン、大正ロマン。昔の時代はロマンがあったわ〜。」かれし「いや、昭和の時代にもロマンはあったぞ。」かのじょ「なに、それ?昭和ロマンなんて聞いたことないわ。」かれし「み、ミクロマン!」