毒、ノート

毒だらけのジョーク集(オリジナル)、耐性のない人は閲覧禁止。

門下生

道場主「我が自慢の道場です」知人「随分、広い道場ですが、誰もいないのはどういうわけですか?お話では門下生は300人を下らないとか」道場主「いるにはいるんですが、皆んな『こんな道場で学ぶモンカ』『二度とくるモンカ』とか言う、困った『モンカ生…

結婚するには、重い人

婚カツパーティーにて。イケメン「僕、会計士やってます。どうぞよろしくお願いします」女子A「うわあ、すごいイケメン!私、今日あの人絶対マークする!」女子B「あ、わたしパスね」女子A「へえ、構わないわよ♡でも、あなた変わってるわね」女子B「あな…

イッツ、ショータイム

息子「おふくろ、もう歳なんだし、無理すんじゃないよ」母親「そういえば疲れたのお。おい、お前」息子「なに?」母親「イッツ、ショータイム!」息子「は・・・?」母親「背負う(しょう)タイム!」息子「はい、はい、おぶれってことね」

薄命

女子A「あんた、顔色が真っ青だよ」女子B「うっ、飲みすぎた・・・」女子A「出しちゃいなよ。楽になるから」女子B「やだ・・・、美人・・・吐くめえ!」女子A「言ってろ!」

政治今昔

昔、国の政治には、『公明正大』(こうめいせいだい)が求められた。今、国の政治から、『子生め!盛大』(こうめーせいだい)が求められている。

起死回生

常連「なんか、最近、このへんすっかりさびれてない?」店主「そうなんや。ほっといたらうちの店まで危ななるで」常連「なんか親父さんも考えないと」店主「でな、起死回生の新メニュー考えたんや」常連「別に普通のシチューじゃないか。味も普通だし」店主…

日本改革論

老人の寿命が長くなって、出生率が低下する日本で、人口のバランスが崩れると心配している人たちへ。ならば、早々の退場を勧めてどの世代も同じバランスにしてはどうだろう。もっとも、早々に退場を依頼されるのはこんなことを議論しているあなたと、わたし。

妻たちの隠語

妻A「そうそう、うちの『幸四郎』がね。朝からカレーライス作れって」妻B「そんないきなりカレーって言われてもねえ」妻C「あ、うちの『幸四郎』も、すこしでもうちにゴミが落ちていると不機嫌になるのよ」妻D「ねえ、さっきから会話に出てくる『幸四郎…

みにくいあひるの子

あひるのお母さんには全部で12羽の子供がいました。しかし、そのうち一羽だけ、ものすごく、『近眼』だったのです。『見にくい』あひるの子。

経歴詐称

調査委員「あなたに経歴詐称の疑いがあります」男性「おい、おい、いい加減なこと言っちゃいけねえ。どこが詐称なんでってえ」調査委員「ここに『ウォール街出身』と書かれていますが、あなた、海外で生活されたことなんて一度もないでしょ?」男性「馬鹿言…

アットホーム

映画鑑賞中。ヒロイン「なんだ、その顔は。あたしに逆らっていいと思っているのか!?」「もう、あんたなんか知らないから!どっかでくたばっちまえ!」・・・男性A「この子、ひどい毒舌だな」男性B「だけどさあ、その度になんか嬉しそうじゃない?」男性…

応援するなら

同僚「もう、2ヶ月以上も残業してるんだって?」女子「そうなのよ。みんな、なんでも私に持ち込むんだから」同僚「たいへんだなあ。僕、応援してるからね」女子「応援するならさ」同僚「え?」女子「応援するなら、ヒマをくれ」

計算大国

店員さん「1352円になります」オレ「はい、1551円な」店員さん「・・・」オレ「足らんか?」店員「いえ、あと、1円出していただけば、ちょうどお釣りが200円になって気持ちいいなあ、とか思って」オレ「すまん、すまん」でも、なんで客のオレが…

スピード審査

漫画家「あれ、担当さん、1人で何人漫画家抱えてるの?」編集者「30人くらいですかね」漫画家「それで、よくネームとかチェックできますね?」編集者「大丈夫です。今はスピード審査の時代ですから。ネームを貸してください」AI「ブブー!ボツ!」漫画…

パワハラ・セクハラ

男性「いやあ、うちの上司、パワハラ、キツくって」→部長「ほら、どいた、どいた。遅れた奴はみんな腹で弾き飛ばすぞ!」部下たち「あの腹のパワーにはかなわんなあ」(パワー腹)・・・女性「うちの男子もセクハラキツくって」→女性「そのお腹、少しはダイ…

悪口

子供たち。「バイキ〜ン、バイキ〜ン」「近寄るな、バイキンが感染るだろ!」「おまえなんか、バイキンの王様、『バイキング』だ!」(なんか、かえってかっこいいこと、なってますけど)

盲点

男性A「結婚おめでとう」男性B「ありがとう」男性A「なあ、今更なんだけど、なんで彼女と結婚してしようと思ったわけ?」男性B「そりゃ、彼女を僕だけで独占したかったからさ」男性A「でも、独占されたのは、彼女だけじゃなくて、君もだからね。もう、…

勝手解釈

内科医にて。指導員「この病院の診療報酬は法外だと言う人がたくさんいますよ」病院長「いいじゃありませんか。みんな『払いたい』『払いたい』と言って来るから」指導員「それは『腹痛い』と言ってるんです」

幕末の志士

聞き手「ご老人は幕末に活躍されたんですか」老人「うむ、ハクジンの下をくぐったことは一度や二度ではなかったのお」聞き手「白刃の下ですか」(回想)白人「オー、日本人!ココヲ通リタケレバ、ワタシヲ倒シテイケ!」男性「ううむ、かくなる上は」白人「…

わびせん

上司「いやあ、君のような人材を求めていたんだ」女子社員「そんなあ」上司「容姿端麗。まさに、『わびせん』にうってつけ」・・・女子社員「・・・って言われて来ましたけど、『わびせん』って何ですか?」同僚「ああ、美人には文句が言いにくいだろうって…

ネイル・サロン

部長「こら!君たち!会議中だぞ!居眠りするとはケシカラン!」・・・女子社員A「だってねえ、話退屈なんだもん」女子社員B「それに、午後一の会議って、胃袋に血が回ってるから、どうしても眠くてなるのよね」・・・部長の午後一の会議を女子社員達は『…

はかない話

昔、昔、ある国の芸人が、長年の夢が叶ってテレビのレギュラー番組を貰いました。ところが、その生放送の当日、緊張あまりズボンを履かずに出演して、スポンサーに怒られてあっさり表舞台から消えました。・・・まことに、ハカナイお話。

許されざる者

免許証の交付所にて。男性A「あなたも免許の再交付ですか」男性B「はい、スピード違反で」男性A「高速道路ですか」男性B「ちょっとパトカーに」男性A「やつら、追いかけてきますからね」男性B「いえ、ものすごいスピードで走ってるパトカーを追いかけ…

ホントの話

生徒「原稿用紙にパソコンで印刷してはいけなかったですか?」先生「いや、そういうことじゃなくて、お前の作文にはホントのことが書かれてないと言ってんの。小説じゃないんだから、ホントのことを書けよ」生徒「分かりました。」後日、提出された作文には…

災害級

「巨大生物が出現!都市部に向かって進行中!」「空軍が交戦中!まったく衰える気配がありません!」「都市の半分が壊滅しました。災害レベルです!」・・・母親「ほら、草の種がついてるわよ。どこで遊んで来たの?」子供「草むらで遊んでたら、虫がたくさ…

羞恥心

毒、ノート ゴジラ再上陸。作戦司令「もう、ミサイルも、カドミウム弾も、抗核バクテリアも効かないぞ!打つ手なしだ!」部下「あ、ゴジラが向きを変えて、海に帰っていきます!」作戦司令「え?ど、どうやったんだ?」部下「現場から入電。子供の一人が『お…

題名

オヤジ「作文書けたか?」子供「うん」オヤジ「何書いたんだ?」子供「1日中、蟻んこと遊んだこと」オヤジ「どんな題名つけたんだ?」子供「ありふれた一日」

人呼んで

女子校の下校時間、彼は、いつも正門前に現れる。生徒「センセェ、なんか、あのオジサン、うちらのこと、ガン見してくるんだけど、気持ち悪い」彼は、人呼んで、『夕陽のガンマン』。

誤変換

上司「君い、これはなんだね?」部下「はい、何でしょう?」上司「ここ、誤変換じゃないのかね?」部下「私には分かりかねますが」上司「官公庁が『肝硬庁』になっているじゃないかね」部下「私、お役人はお酒の飲みすぎで肝臓を悪くする人が多いから、ずっ…

AI上司

AI上司「ドウシマシタカ?先程カラ、モゾモゾ、シテマスネ」女子社員「3時間ぶっ通しで、もー限界!ちょっと、おトイレ行かせてください!」AI上司「人間トハ、不便ナモノデスネ」男子社員「『不便』というより、むしろ『有る便』が問題かと」