読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒、ノート

毒だらけのジョーク集(オリジナル)、耐性のない人は閲覧禁止。

地名なぞなぞ

問題です。三重県で、アーティストからも、台風からも、特急からも、いつも無視される場所はどこだ?答えは・・・『鳥羽市』(飛ばし) (本当は違います)

世襲

悪代官協会、事務局にて。「あの水戸黄門が日本中を旅して睨みをきかせている限り、わしら悪代官は思うように活動できんわ。」「確かにな。」「だいたい、あのじじいはどうなっているんだ。もう何十年も前からお供を連れて日本中を回っているが、一向にもう…

美女と

新婚当時・・・美人の妻を貰った夫は、『美女と野獣』と言われた。その1年後・・・「ねえ、美人の奥さん元気?」「元気すぎて。」「うわっ、ボコボコ!奥さんがやったの?」「うん、『美女と野獣』じゃなくて、『美女 to 野獣』だったのさ。」

フードファイター

テレビのフードファイト対決。アナウンサー「さあ、アメリカ代表、底なしジェイソン!10皿目もペロリだ!あ、なんだ?俺はまだまだ行ける!そう言っているのか?」底なしジェイソン「カマーン!カマーン!」・・・ツマ「はよ食べられる訳や。みんな丸呑み…

どこかで

かのじょ「あんた、いつ電子タバコ買うたの?」かれし「ええやろ。品薄でなかなか手に入らんのやで。スパーッ。」かのじょ「でも、あんたが電子タバコくわえとるとこ、なんかに似とるな。」かれし「はあ?」かのじょ「そっか、喘息の吸入や。」かれし「しば…

『歳』伝説

ばあさん「あんた、おかえり。医者、どうやった?」じいさん「まあ、こんなもんやろ。」ばあさん「もう、痛ないん?」じいさん「まだ、痛いで。」ばあさん「じゃあ、医者に行った意味、あらへんやないの?」じいさん「なんかな、『もう、歳ですから仕方あり…

お客さんに働かせる

かのじょ「なあ、なんであんた、いつも荷物持ってあげるの?」かれし「そら、あんな小柄で可愛い女の子が重そうにしとったら持ってやるんは当たり前や。」かのじょ「だけど、客のあんたが働かされてどないすんの。」かれし「え?」かのじょ「あの人、宅配便…

ホワイトデー

男性「おばちゃん、ホワイトデーにバレンタインのお返しせんならんねん。なんか、ええもんないか?」店員「せやなあ、これなんか売れてるで。」男性「うわ、五千円!高!そら無理やわ。」店員「そうか、ならこれ、安いで。」男性「一個、30円!でも、ホン…

触りたい放題

婦人A「あかんなあ、最近、男言うもんに触っとらんわ。」婦人B「せや、せや、特に若い男には触らんな。」婦人C「ひっひっひ、わては触りたい放題やで〜。」婦人A「あんたは、マッサージ師やろ。」

クレーンゲーム

いもうと「もー、また失敗した!おねえちゃん、クレーンゲーム難しい。」あね「バカねえ、あんた。本当に景品を取れると思ってんの?」いもうと「だって、あとちょっとだし。」あね「そう見えるだけよ。だって、『くれん』ゲームだもん。」

度付き

強面の友人、サングラスがよく似合う。でも、酔うと時々手が出て、足が出る。それで、ついたアダ名が、『ドツキ サングラス』。

黒と白

ブラック社長「おい、この記事によれば、『日本のサービス残業は先進国中最下位』らしいぞ。つまり、もっと働かせろと言うことだよな。」ホワイト社長「こら、どこをどう読んだらそうなるんだ。ここには、『日本のサービス業の生産性は先進国中最下位』と書…

血統

名馬、ディープインパクトの子供。「なんか、背が低くないか?」「ちょっと、チビだね。」「とりあえず、名前どうする?」「『ディープコンパクト』ってどう?」

春秋限定彼氏

「え?また、彼と別れたの?ワンシーズンじゃん。」「でも、春になったら、また付き合おっかな。」「なんで、冬はダメなの?」「だって、彼の車、オープンカーなんだもん。」

ステマ

ピ◯太郎の、『アッポーペン』。実は、『アップルペイ』をさりげなく刷り込んでいると思うんだけど、何か?

泣く子も黙る

最近、日本から来たおばちゃん。ショップの店頭で、泣く子を黙らせる。「どんくらい?」

効果ゼロ

校長「で、学校を休みたくて嘘をついたのかね?」生徒「え・・・、そうです。すいません。」校長「怪しからん、懲罰を覚悟したまえ。」生徒「ゴクリ・・・。」校長「罰として・・・停学!一週間!」生徒「ヤッターッ!」校長「なんだね?」生徒「い、いえ、…

フードコート 2

真っ黒なフードに顔を隠し、コートに身を包んで夜の街を徘徊する。目には狂気、 耳には叫び、 口には呪い、 手にはナイフ、 心には狂気。人々は、恐怖に怯えてヤツを呼ぶ。「フードコートの男」・・・なんかしょぼい。

フードコート

かのじょ「ああ、お腹すいた。なんか食べよ。フードコートどこかな。」かれし「あの店員に聞いたらええやん。」かのじょ「すいません、フードコート、どこですか?」店員「ここをまっすぐ行った突き当たりにありますよ。」かのじょ「ありがと。え〜っ、まっ…

え?!

今日のラジオ。「トランプ大統領、不倫して辞任発表。」まさか、と思ってネットで検索したら、「トランプ大統領、フリン氏(大統領補佐官)の辞任発表。」あ〜、ビックリした。

主婦川柳

●手のかかる アンパンマンが ウチにいる「このアンパンマンって?」「うちの主人のことよ。」「ヘェ〜、正義の味方なんだ。」「ぜえんぜん。」「じゃあ、顔がまん丸?」「違うわ。」「じゃあ、なんでアンパンマンなの?」「だって、朝食パンにすると怒るのよ…

連・帯・感

「新しいゲームの企画を考えたんだ。」「何系?」「一応、ガールミーツ系。」「ありがちだなあ。」「とんでもない!恋愛を体感できる、全く新しいゲームなんだ。」「で、名前はどうするの?」「恋愛体感ゲーム『レン・タイ・カン』!」「で・・・なんのゲー…

そら耳

「へえ、君のおじいさん、まだお元気なんだ。」「うん、もう元気過ぎて、毎朝早くから歌を歌うからやかましいのよ。」「歌かあ。それって、どんな?」「餃子定食の歌。」「え?」「ほら、よくテレビでもやってる、『ギョーテー、ギョーテー、ハーラーギョー…

備蓄食料の不思議

「災害に備えて備蓄食料を買いましょう」とか言うけど・・・避難所で、隣の人がお腹空かしているのに、ウチだけ食べられないって。地域で、備蓄食料を買うお金を毎月少しづつ集める方が現実的。

秘策

ソーリ「大統領につないでくれ。」秘書官「え?またTPPの交渉ですか?もう、無理じゃないですか?」ソーリ「大丈夫、今日は秘策があるから。」トゥルルルルルルル。ガチャ。ソーリ「ハロー、大統領。」大統領「ソーリ、また君か。何度言われてもTPPは…

未来小説

出版社校閲部。「おい、作家からクレームが来てるぞ。どんな校閲をしたんだ?」「だって、未来小説でしょ。過去形はおかしいじゃないですか。」・・・ボブは、ディランに言うだろう。「三日前、警察がやって来るだろう。そして、マイケルを連行するだろう。…

かみってる

トイレの中から、父「おーい、トイレットペーパー、切れてるぞお。」子供「ねえねえ、お母さん。お父さん、『紙』ってる。」

全自動

これからの掃除機は、スイッチを入れて家を出たら、帰って来るまでに家はピカピカ。狭いところや高いところも全自動!でも、スイッチを切り忘れたら、今度は人間が掃除されているかも。

カードつながり

大手ゲーム機メーカーの任◯堂。来期は、花札の製作に注力。インタビュアー「今時、花札とはどんな戦略の転換ですか?」任◯堂社長「いやあ、アメリカではトランプが勝ったでしょ。我々も、それにあやかりたいと思いまして。」

攻めの企画

歯磨きが苦手な子供たちのために、りんご味や、イチゴ味の歯磨きが開発された。そして、さらにメーカー攻めの企画。歯磨き嫌いの大人を無くす、その名も「大トロマグロ」歯磨き。口に入れたら、「舌の上でトロける〜。」でも、メーカーから注意点が二つ。※冷…

トレンド道場

ようこそ、時代の波に乗る『トレンド道場』に。さて、今日の相談者の方は。「私は、NPOの代表をしております。私たちのモットーは、『運動』への『賛同』が、『感動』を生む!です。」「あ〜、それじゃダメですね。」「え?」「『ンド』が多過ぎます。 な…

CEO

夫「お〜い、今度の人事でオレ『CEO』になったぞ〜!」妻「凄いじゃない!でも、どうしてイキナリ平社員が『CEO』なんかになれるの?」夫「なんでも、オレしか『CEO』は務まらないんだって〜。」妻「へえ〜。知らなかったわ〜。あなたって、凄いん…

一貫性の法則

政府「みなさん、まだまだ若いですね〜。」国民「は〜い!」政府「まだまだ、現役ですね〜。」国民「は〜い!」政府「まだまだ、おじいちゃん、おばあちゃんと呼ばれたくないですよね〜。」国民「は〜い!」政府「高齢者なんて、75歳からでいいですよね〜…

孤高のグルメ

ガラッ。「オヤジ。」「あ、あんたは・・・。」「オレがあっと驚くようなうどん、食べさせてくれよ。」「お、おう。ちょっと待ってくんな。」(10分後)ズルズル。「お客さん、どうよ。腕によりをかけた一品だぜ。」「う・・・、うわあ!」「お、お客さん…

だじゃれ慣用句

ツマ「どや、今日は夕ご飯、きばったんやで。」オレ「うん、みんな美味いなあ。おおきにな。」ツマ「どれが一番美味い?」オレ「そやな、この肉じゃがなんか絶品やな。」ツマ「あ、そ・・・。ほなら、それだけ食べとき。」オレ「え、なんかマズイこと言うた…

オヤジばっかし

可愛い女の子がサムネイルの記事サイト。もっと大きな画像が見たくてクリックしたら、中身は関係者の顔写真ばっかり。オヤジが見たくてクリックしたんじゃないやい!

メイドカフェ

お客「うわあ、このメイドカフェ、最高!このまま死んでもいい!」店員「またあ、ホントに死んだらダメですよ。」お客「やだなあ、ものの例えだよ。」店員「でも・・・3年前、ホントに死んだおじいちゃんがいて、しばらく『冥土カフェ』って言われてたんで…

愛好者

つま「ねえ、あなた。うちの子、訳のわからない事務所からスカウトされたんですって。」おっと「ふうん、そうなの?」つま「いかがわしいビデオとか出させられたらどうしましょう?」おっと「うちの子なら大丈夫だよ。」つま「でも・・・。」おっと「ああ言…

完璧マスク

かれし「ああ、餃子定食美味かった。」かのじょ「今からどこ行く?」かれし「そやな、街でもぶらつこうか。その前にマスクで風邪予防や。」かのじょ「マスクってホントに効果あんの?」かれし「もちろんや、密閉率100パーセントやで。 ぶ!ぶはっ!」かの…

所詮運勢なんて

「あのな、オレ、今年『大吉』やったんや。 そやけどな、車は壊けるわ。彼女には振られるわ。足は折るわ。 なんも、ええことあらへん。」「あ、それ。『大吉』当たった段階で、使い果たしとるわ。」

改名案

「脱法ドラック」では、怖さが伝わらないと、つけた名前が「危険ドラック」。「オレオレ詐欺」では、騙される人が減らないと、つけた名前が「振り込め詐欺」。ならば、「核兵器」も、「人類殲滅兵器」に変えたらいい。・・・「大統領、人類殲滅兵器、極東地…

トドメ

「うわあ、どうしよう。今月、通信量、あと100メガしか残ってない。」「無駄遣いばかりするからよ。通信量アプリを入れていつもチェックしたら?」「そうしよ。あ・・・ダウンロードしたら、100メガ使い切った!」

略すな!2

手下「親分、PCが来やしたぜ。」親分「おう、待ちかねたぜ。」ガチャ。バタン!親分「馬鹿野郎!警察じゃねえか!どこがPCだ!」手下「だから、PC(パトロール・カー)が来たって言ったじゃありやせんか。」親分「略すな!」

よもや

よもや、の幸福を信じて買うもの・・・宝くじよもや、の不運を案じて買うもの・・・保険

目からウロコ

オレ「いやあ、隣の奥さんには驚いたわ。」ツマ「また、しょうもないこと言うて怒られたんやろ。」オレ「そやないねん。この間な、手羽先の食べ方教えたってん。そしたらな、『目からウロコが落ちたわ〜』言うて、ホンマにポロッと・・・。」ツマ「落ちたん…

リアリズム

監督「この映画ではリアリズムを追求する。」助監督「はい。」監督「逃走シーン、テークワン、スタート!」・・・男性「くそっ!追っ手か!」警察「こら!待てっ!」女性「こっちよ!早く乗って!」男性「し、しかし・・・君にまで迷惑が。」女性「私なら構…

正直な先生

子供の英会話教室の女の先生。「ハウ オールド アー ユー?」「アイム ナイン イアーズ オールド」と言うやり取りで、決して自分の嘘の歳を言わない。でも、40を超えたころから、「アイム フォーティワン 『嫌あ』ズ オールド」と聞こえるのは気の所為?

メラビアンな人々

「先輩、私、最近彼氏との会話が続かないんです。」「あなた、ちょっとお固いからよ。そうだ、メラビアン効果を試してみたら。相手の仕種を真似すると好感を持たれるそうよ。」「そうですか、じゃあ早速やってみます。」(後日)「先輩、彼氏に振られました…

そして、誰もいなくなった。

探偵「犯人はあんただ!」老紳士「バカな、何を証拠に。」探偵「バカな?こんなこと子供でも分かるさ。」老紳士「面白い、君の推理を聞こうじゃないか。」探偵「なぜなら、あんた以外全員死んでいるからだ。」

信憑性

とある暴露番組。「皆さん!これが今回の陰謀の真相です。 なんと!これには、アメリカとロシアの大統領、そして日本の首相が関与しているのです!」オレ「うわあ、えらいこっちゃ!どないしよ!」ツマ「あんた、アホか!まともに信じるんかいな。」オレ「そ…