毒、ノート

毒だらけのジョーク集(オリジナル)、耐性のない人は閲覧禁止。

とある冒険譚

f:id:FairWinder:20161017222620j:plain
ある女戦士の独白。

私は、やっと豊穣な大地にたどり着くことができた。

思えば長い旅路だった。
衣服は埃にまみれ、身体中に旅で受けた傷が無数に刻まれている。

冬が近づいている。
十分な食糧がなくては、春まで生き延びることは無理だろう。

でも、新しい土地には、食べ物が満ち溢れていた。
私のこの剣を突き立てさえすれば、いくらでも欲しいだけ手に入れることができる。
そうだ、大地そのものが、巨大な食糧庫なのだ。

さあ、思う存分食らって、生命の宴を始めようではないか。

・・・

プ〜ン。

バチン!

「いやねえ。秋の蚊はしつこくて、ホント。」