毒、ノート

毒だらけのジョーク集(オリジナル)、耐性のない人は閲覧禁止。

無我の境地

「人間は、危険が迫ると冷静さを失い、普段の力が出せないものじゃ。」

「そうだな。」

「それで、繰り返し、繰り返し、修行によって身につけるのじゃ。」

「なるほど。」

「ついには、頭で考えなくても身体が勝手に動く。これを無我の境地と言う。」

「つまり、身体が勝手に動いた、と。」

「その通りじゃ!」

「偉そうに言うな。痴漢。」