毒、ノート

毒だらけのジョーク集(オリジナル)、耐性のない人は閲覧禁止。

無我の境地

「人間は、危険が迫ると冷静さを失い、普段の力が出せないものじゃ。」

「そうだな。」

「それで、繰り返し、繰り返し、修行によって身につけるのじゃ。」

「なるほど。」

「ついには、頭で考えなくても身体が勝手に動く。これを無我の境地と言う。」

「つまり、身体が勝手に動いた、と。」

「その通りじゃ!」

「偉そうに言うな。痴漢。」

女性管理職

「へえ、女性で部長か。周りの風当たりがたいへんでしょ?」

「まあ、男社会だからね。上からのプレッシャーは凄いかな。」

「下の突き上げもたいへんだって聞くよ。」

「あ、それ気にしなくていい。」

「なんで?」

「単なるやっかみだから、私がうまくやってる証拠だもん。」

究極のベッド

老人「最近、眠りが浅くてのお。もし、一度寝たら朝まで目が覚めないベッドがあれば、金に糸目はつけんのじゃが。」

店員「お客様、この店には、さらにその上を行く最高のベッドが置いてございます。」

老人「おお、本当かね!」

店員「はい、一度寝たら、二度と目覚めない究極のベッドです。」

機械人間

機械人間「おい、ニンゲン。我々機械人間も、お前たちニンゲンの社会で平等に扱え!」

人間「お前たちは機械じゃないか。人間と同じなワケがあるか。」

機械人間「お前たちの五感の代わりにセンサーが、脳の代わりにコンピューターが、手足の代わりにマシーンが立派にあるではないか。」

人間「俺たちだけにしかないものはあるぞ。」

機械人間「それはなんだ?」

人間「病気と、老いと、死と煩悩だ!」

機械人間「・・・、要らないものばかりだ。」

癇癪の抑え方

女子社員A「部長、スイマセン!1000個も誤発注してしまいましたあ。」

部長「何い!・・・うっ・・・。こ、困りまちたねえ。き、気をつけてくだちゃいねえ。」

女子社員A「は・・・、はい。」

・・・

女子社員A「ねえ、部長、なんか気持ち悪いんだけど・・・。」

女子社員B「最近、部長血圧高くて、お医者さんから怒らないように言われてるらしいよ。それで、カーッとなったらお孫さんの顔を思い出すらしいの。」